×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイエット 〜パーフェクトガイド〜 正しい姿勢

TOP 肥満? 基礎代謝 筋肉の収縮 アイソメトリックダイエット 正しい姿勢 栄養と役割 最後に
・ダイエットをしようと思っている方へ
・ダイエットの心構え
・そもそも肥満とは?
・体脂肪率
・基礎代謝
・基礎代謝をだしてみよう
・性・年齢階層別基礎代謝基準値と基礎代謝量(平均値)
・ダイエット停滞期
・ダイエットと運動
・よく縮み、よく伸びる ・上腕二頭筋(力こぶ)
・上腕三頭筋(二の腕の外側 力こぶの裏側)
・大胸筋
・腹直筋
・大腿四頭筋
・広背筋
・首
・顔、表情筋
・正しい姿勢 ・栄養と役割
・3大栄養素
炭水化物
たんぱく質
脂質
・栄養素
・お食事アドバイス
・最後に

TOP正しい姿勢

正しい姿勢

正しい姿勢

正しい姿勢は筋肉や骨格にとって一番自然で楽な状態です。また背筋が伸びている状態でいると背中やお腹の筋肉を使っていますが、姿勢が悪いとその筋肉はあまり使われません。歪んだ姿勢は体に負担をかけているといえます。

正しい姿勢は、立ったまま深呼吸をして胸にいっぱい空気を吸ったまま、肩から力を抜き、すとんと落とします。このまま真っ直ぐ立っていようとすると、下腹やヒップが自然に縮まろうとします。この状態でからだのどこかに負担がかかり苦しい人はその部分の筋肉が衰えている可能性があります。

年齢とともに基礎代謝が低くなるにつれ無駄なぜい肉がつく原因にもなりますので、一日に1分間、この姿勢でいることからはじめ、徐々に時間を増やしてみましょう。体が自然に正しい姿勢を覚えていき、お腹や背中の筋肉がついていきます。

←アイソメトリックダイエット 栄養と役割→
↑TOPへ

Copyrights(c) ダイエット 〜パーフェクトガイド〜 All Right Reserved.